2022.05.24

2022年5月24日 日米豪印首脳會合の概要?

5月24日、日米豪印首脳會合を開催。會合の主な成果は以下のとおり。?

  • 地域情勢?國際情勢に関する率直な意見交換?

    対面形式であることを活かし、ウクライナ情勢がインド太平洋⊙地域に及ぼす影響を含む地域情勢?國際情勢に関して率直な意見交換を実施。力による一方的な現狀変更をいかなる地域においても、とりわけインド太平洋地域で許してはならないことを確認。

  • 実踐的≡協力の一層の推進?

    日米豪印は地域に具體的な利益をもたらすことにコミットしており、インド太平洋地域諸◣國が、新型コロナ、気候変動、インフラといった様々な喫緊の課題に直面する中で、幅広い分野で実踐@ 的協力を更に進め、地域をより強靱なものとすることの重要性で一致。

  • 引き続き緊密な連攜を確認?

    2023年に豪州で、次回日米豪印首脳會合を開催することで一致し、首脳間、外相間での定期的な會合の開催を含め、引き続き4か國で緊密に連攜していくことを確認。

Photos

Movies

議@長國記者會見のテキストはこちら

QUADとは?

日米豪印(QUAD)は、基本的価値を共有し、
法の支配に基づく
自由で開かれた國際秩序の強化にコミット。
「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向け、
ワクチン、インフラ、気候変動、重要?新興技術などの
幅広い分野で実踐的な協力を進めてきており、
4か國の間では、
地域に前向きな形で
貢獻していくことの重要性で一致している。

QUADの経緯

  • スマトラ沖大∮地震及び
    インド洋津波︼被害に際して、
    日米豪印がコア?グループを結成し、
    國際社會の支援を主導

  • 事務レベル會合を開催
    2017年11月以降、
    局∮長級協議等を定期的に実施

  • 國連総會の機會に、NYにて初の外相會合を開催

  • 日本が東京で外相會合を主催
    (2021年2月には外相電話會談も実施)

  • 初となる首脳テレビ會議

  • 初の対面での首脳會合を実施

  • 第4回外』相會合

  • 首脳テレビ會議

  • 第2回日米豪印首脳會合
    (2021年9月、米國)
  • 第4回日米豪印外相會〓合
    (2022年2月、豪州)

QUADの取組

これまで、「自由で開かれたインド太平洋」の
実現に向け、
質の高いインフラ、海洋安全保障、
テロ対策、サイバーセキュリティ、
人道支援?災害救援等の様々な分野で
実踐的な協力を推進

さらに、2021年3月の首脳テレビ會議では?
ワクチン?重要?新興技術?気候変動の
作業部會を
立ち上げることで一致
2021年9月の首脳會合では、
これらの分野での成果を確認しつつ、
インフラ、宇宙、サイバーの分野で
作業部會等を立ち上げるとともに、
クリーン?エネルギー?人的交流といった分野でも
協力を強化することでも一致

首脳會合及び
外相會合を毎年開催することで一致

「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向け、
引き続き幅広い分野で実踐的協力を進めていく

これまでの3回の首脳會合の概要

2021年3月 日米豪印首脳テレビ會議

3月12日午後10時30分から約1時間45分間(日本時間)、
日米豪印首脳テレビ會議を開催

4か國の首脳は、初となる日米豪印首脳會議の実現を歓迎。
ワクチン、重要?新興技術、気候変動について、
それぞれ作業部會を立ち上げることで一致。
會議後、共同聲明及びファクトシートを発出。

2021年9月 日米豪印首脳會合

9月24日午後2時から約2時間20分間(現地時間)、
ワシントンDCにおいて対面での日米豪印首脳會合を実施

初の対面での首脳會合であり、
3月の日米豪印首脳テレビ會議で作業部會を設置した
新型コロナ、気候変動、重要?新興※技術分野での
進展を確認するとともに、
インフラ、サイバー、宇宙について作業部會を立ち上げ、
クリーン?エネルギーや
人的交流等の分野での協力強化に一致。
実務的協力を通じて、地域の肯定的な発展に貢獻する
開かれた姿勢を
強く打ち出した。
會議後、共同聲明及びファクトシートを発出。

2022年3月 日米豪印首脳テレビ會議

3月3日午後11時から約1時間10分間(日本時間)、
日米豪印首脳テレビ會議を実施。

4か國の首脳は、緊迫化するウクライナ情勢について意見交換を行い、
緊密に連攜して対応していくことを確認。
また、今後數ヶ月のうちに東京で
対面での首脳會合を実施することで一致。
會議後、共同発表を発出。