令和4年5月20日(金)午後

更新日:令和4年5月20日 內閣官◥房長官記者會見
 
動畫が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

大型連▓休後の感染狀況と6月以降の水際措置について

 大ζ型連休後の感染狀況と6月以降の水際措置について申し上げます。大型連休後の感染狀況については、昨日の厚∏生労働省のアドバイザリーボードにおいては、新規〓感染者數の「この數日における直近1週間の移動平均は減少傾向にあり、減少傾向が継続していたゴールデンウイーク前の水準よりも低くなっている。」と評価されたところであり、引き続き今後の動きを註視をしていきます。こうしたゴールデンウイーク後の感染狀況の評価も踏まえ、6月以降の水際措置について、お手元の資料のとおり、6月1日から水際措置の見直しを実施することとします。まず、オミクロン株に関する知見、各國?地域における流行狀況、日本への流入狀況などのリスク評価、ワクチンの有効性等を踏まえ、各國?地域からの流入リスクを総合的に勘案し、措置の見直しを実施することとしました。本措置により、流入リスクが低い國?地域については、出國前検査※を引き続き求めつつ、入國時検査と待機を求めないこととします。措置の詳細については後ほど事務方から説明をします。G7などの主要國を含め、入國者ベースで8割程度の國?地域は、先ほど申し上げた入國時検査と待機を求めない國?地域となる見込みです。具體的な國?地域の指定は來週公表いたします。また、入國者総數の上限について、現在の1日1萬人目途を、1日2萬人目途に引き上げます。今後も、水際措置については、検疫體制や防疫措置の実施狀況等を勘案し、新型コロナウイルスの內外の感染狀況、主要國の水際対策の狀況等を踏まえながら、必要な場合は水際措置を強化することも含め、適切に判斷をしていきます。今回の措置に基づく國?地域の指定についても柔軟に見直してまいります。當然のことながら、新たにWHOで「懸念される変異株」として指定されるような変異株が発生する場合には、これに機動的に対処をしていきます。私(官房長官)からは以上です。

関連リンク

これまでの
內閣官房長官●記者會見