岸田政権発足▃半年の受け止め及び今後の方針等についての會見

更新日:令和4年4月4日 総理の演説?記者會見など

(岸田政↑権発足半年の受け止め及び今後の方針について)

 半年たちましたが、課題山積であり、気の抜くことのできない半年であったと振り返っています。政権発足してすぐ衆議院の解散を行いました。そこで頂いた民意を基にコロナ対策についても「全體像」を取りまとめ、そして史上最◆大規模の経済対策を用意いたしました。そして年明けからはオミクロン株との闘いの中で、用意したコロナ対策の「全體像」に基づいて、醫療提供體制、そしてワクチン、検査、治療薬、こうした體制をフル稼働させるということに腐心いたしました。オミクロン株の特性が、當初なかなかはっきりしない中での闘いでしたので、毎日毎日、機動的に対応しなければいけない判斷、決斷の連続だったように感じています。その中で特に心掛けたのが、感染癥対策と経済社會をどう動かしていくのか、このバランスでありました。この辺は、昨年とは社會あるいは國民の意識も変化している、こういったことも感じたところです。
 そして、その後、大きな課題となりましたのが、ロシアによるウクライナ侵略でありました。こうした力による一方的な現狀変更は、ヨーロッパのみならずアジアを含めて世界全體で許してはならないということで、毅然(きぜん)と対応しなければならないということで國際社會と連攜いたしました。
 あわせて、原油、原材料、食糧等の価格が國際的に高騰するという狀況を受けて、國內対策にも取り組んできたわけですが、これについては更なる対策を今、検討を指示したところであり、4月中にはこの物価高騰対策、しっかりと用意したいと思っています。
 このように半年間振り返り、大変難しい判斷、決斷の連続でありましたが、引き続きコロナ対策、ウクライナ問題、そして國內の経済再生への動きなど課題は山積しております。緊張感と危機感を持って引き続き取り組んでいきたいと考えています。以上が今までを振り返り、そしてこれからについての思いです。

(ロシア軍がキーウのブチャで多數の民間人を殺害していた疑いがあることの受け止め及び更なる制裁の考えについて)

 こうした民間人へ危害を加えるということ、こうした國際法違←反の行為については厳しく批判いたします。禦指摘のように國際社會において、非難が高まっているということを承知しています。日本もこうした人道上問題↘となる行為、國際法〓違反の行為については厳しく批判し、非難していかなければならないと思っています。更なる制裁ということについては、全體の狀況を見ながら、國際社會としっかり連攜しながら、我が國としてやるべきことをしっかり行っていきたいと考えています。

関連リンク

これまでの総理の演説?記者會見など