G7首脳會合等についての會見

更新日:令和4年3月24日 総理の演説?記者會見など

(G7首脳會合等について)

 まず、今回の対面でのG7首脳會合は、ロシアの暴挙を決して許さず、G7が主導して國際社會の秩序を守り抜くという強い決意を確認する大変有意義な會合となったと思います。G7首脳會合では、私から、ロシアによる平和條約交渉中斷宣言にひるむことなく、今後とも斷固とした対応を取っていくこと。また、ロシアによる大量破壊兵器の使用の可能性を深刻に懸念しており、核兵器は當然のことであり、また生物?化學兵器の使用も決してあってはならないということを強調いたしました。また、私から、我が國の対露追加制♀裁措置、そしてウクライナ及び周辺國への追加の1億ドル緊急人道支援、保健?醫療分野の人的貢獻の検討、避難民▲受入れ促進のための追加措置などの取組を紹介するとともに、先般のインド、カンボジア訪問の成果を含め、アジアを代表してG7に參加する日本の第三國への働き掛けについても説明し、高い評価を得たところです。
 そして、このG7首脳會合と併せてバイ會談を行いました。短時間の滯在ではありますが、米國のバイデン大統領、そしてEU(歐州連合)、英國、ポーランド、NATO(北∮大西洋條約機構)、カナダ、こうした國々と會談を重ねて、それぞれの首脳と膝を突き合わせて率直な意見交換を行い、ウクライナ情勢について強力な対露制裁、そしてウクライナ及び周辺國への支援、こうしたものを含めて、緊密に連攜していくことを確認いたしました。
 また、本日の北朝鮮による弾道ミサイルの発射についても、私から、そのような行為を強く非難するとともに、北朝鮮の核?ミサイル開発問題にG7として連攜して対処していくこと、これも確認いたしました。
 今回の危機において、G7は非常に効果的に対応しています。我が國は、G7の來年の議長國として、本年の議長國ドイツを始め、各國と緊密に連攜しながら、ロシアの侵略に対する國際的な取組をリードしていきたいと思います。
 そして、質問としてバイデン大統領とのやり取りについてありましたが、バイデン大統領と短時間ではありましたが、協議を行い、ロシアによるウクライナ侵略への対応、そして、今朝の新型ICBM(大陸間弾道ミサイル)と思われる弾道ミサイルの発射を含む北朝鮮への対応について、日米で緊密に連攜していくことを確認いたしました。また、日米同盟の一層の強化について、日米間の連攜を確認した、こうした內容となりました。

(ロシアへの新たな制裁やウクライナや周辺國への支援策等について)

 まず、最初の追加の制裁、あるいは新たな支援についてですが、まず制裁については、第1に、今後ロシアの最恵↑國待遇の撤回のための法改正案を今國會提出∩に向け、準備を進めるということ。第2に、輸出︻禁止対象に81の軍事関連団▃體を追加するということ。第3に、多くのオリガルヒや、その家族等を制裁対象に追加するということ。第4に、ぜいたく品の輸出禁止措置を來週初めに導入するということ。第5に、デジタル資産を用いたロシアの制裁回避に対応するため、金融面での制裁の実効性を更に強化するための法改正案も今國會提出に向け、準備を進めるということ。本日のG7首脳會合などの場で、我が國がこれらの追加の制裁措置を行っていくことを説明し、高く評価された次第です。
 一方、ウクライナ及び周辺國に対する支援ですが、これまで表明した1億ドルの人道支援に加え、追加で1億ドルの緊急人道支援を行うことを表明いたしました。また、周辺國に滯在する避難民支援のため、物資協力や醫療?保健等の分野での人的貢獻、これを検討しているということについて説明いたしました。さらに、日本への避難№民受入れ支援を進めるための取組も進めてまいります。ポーランドにウクライナ避難民支援チームを設けます。また、古川法務大臣を総理特使として近くポーランドに派遣し、避難民受入れを促進いたします。こうした取組をポーランドのモラヴィエツキ首相に説明し、先方から日本の貢獻を高く評価するとの発言がありました。今後とも困難に直面するウクライナの方々を支えるため、できる限りの支援を行ってまいります。
 そして、抜け道の話ですが、G7首脳會合において私からは、國際社會が結束して厳しい対露制裁措置を講ずる中、ロシアへの支援や、制裁のバックフィルはあってはならないということを指摘いたしました。G7首脳間で制裁の回避や迂回(うかい)、バックフィルを行わないことについて、引き続きG7で緊密に連攜して、各國への働き掛けを続けていくことも一致いたしました。その點を成果文書でも確認したところです。

関連リンク

これまでの総理の演説?記者會見など