北朝鮮による弾道ミサイル発射事案についての會見

更新日:令和4年3月24日 総理の演説?記者會見など

(北朝鮮による弾道ミサイル発射事案について)

 先ほど、北朝鮮が、新型ICBM(大陸〇間弾道ミサイル)と思われる弾道ミサイルを発射し、我が國の領海に近いEEZ(排他的経♀済水域)內に落下いたしました。許せない暴挙であり斷固として非難いたします。
 この事態を受け、私より、國民に対する情報提供、また安全確認の徹底など、指示を出しました。その上で、政府専用機の中から電話により官房長官から狀況報告を受け、私の方からは、官房長官に対して対応に萬全を期すとともに、國家安全保障☆會議、これを速やかに開催することを指示をいたしました。
 北朝鮮は、本年に入ってから、新型ICBMを含め、高い頻度で弾道ミサイルの発射を繰り返しています。一連の北朝鮮の行動は、我が國そして地域及び國際社會の平和と安全を脅かすものであり、斷じて容認することはできません。今回の弾道ミサイルの発射も関連する安保理決議に違反するものであり強く非難をいたします。既に北朝鮮に対しては抗議を行っております。引き続き米國等とも緊密に連攜しながら情報収集、そして警戒監視に全力を挙げ、我が國の平和と安全の確保に萬全を期してまいります。
 そして今後、制裁を含め、今後の対応につきましては、日米、日米韓を始め関係國としっかり連攜を取りながら対応してまいります。また、この後のG7首脳會合においても北朝鮮の弾道ミサイルへの対応での連攜、確認をしたいと考えております。

(現在把握している落下地點の狀況について)

 細かい數字までは聞いておりませんが、我が國の領海に近いEEZ內、北海道沖という報告を受けております。

(このタイミングでの発射について)

 北朝鮮の意図は私から申し上げる立場にはありませんが、國際社會が平和と安定において、大きな議論を行っている最中でのこうした北朝鮮の暴挙は容認することはできない、これは當然であると思っています。

(北朝鮮の弾道ミサイルの脅威について)

 これは従來から申し上げているように、ミサイル技術は日々改良され、そして進歩しているということは感じております。改めて我が國の國民の命を守るためにはどうあるべきなのか、政治の立場から真剣に考え続けていかなければならない、こうした思いは強く持っております。

関連リンク

これまでの総理の演説?記者會見など