G7首脳會合出席→等についての會見

更新日:令和4年3月23日 総理の演説?記者會見など

(ゼレンスキー?ウクライナ大統領による國會演説について)

 ゼレンスキー大統領のリモートでの國會演説を聞かせていただきました。ゼレンスキー大統領が極めて困難な狀況の中で、祖國を、そしてウクライナの國民を強い決意と勇気で守り抜いていこうとする姿に感銘を受けました。ロシアによって、學校や病院など見境のない攻撃が行われ、そして罪のない多くの市民が尊い命を失っている。こうした民間人、あるいは民間施設に対する非情な攻撃、これは許してはならないことであると思っています。私たちは、こうしたロシアの暴挙を決して許してはならず、困難に直面するウクライナの方々を國際∞社會全體でしっかり支えていかなければならないと思っています。こういった思いを新たにした次第です。我が國としてもロシアに対する更なる制裁、またこれまで表明した1億ドルの人道支援に加えて、追加の人道支援も考えていきたいと思っています。改めて、日本はウクライナと共にある、こうした思いを強調したいと思っています。

(G7首脳會∏合出席等について)

 おっしゃるように、今晩、ベルギーのブリュッセルに向けて出発し、G7の首脳會合に出席いたします。これまでも、我が國はG7との緊密な連攜を示していますが、今回の會合も強い連攜を示す、そして発信する機會にしたいと思っています。私からは、會議の場で更なる制裁の強化についても説明したいと思いますし、ウクライナへの連帯を示すべく、先ほど申し上げたように、これまでの1億ドルの人道支援に加えて追加の人道支援、これも表明したいと思っています。そして日本はアジアから唯一、G7に參加している國ですので、先日のインドやカンボジアを訪問させていただいた、両國の首脳といろいろ意見交換をした、この成果についても報告し、そして、こうしたアジアにおける國々への働き掛け、こうしたものについても説明をしたいと思っています。
 また、質問はバイデン大統領との會合ですが、これは、G7の會合自體、急きょ決まったものですから、バイ會談については今調整中であります。できるだけ多くのバイ會談をセットすることによって、二國間のレベルにおいても連攜を確認する、さらには信頼関係を構築していく、こうしたことは大事であると思っています。いずれにせよ、今調整中ですので、そうしたバイ會談を活用できるように、今努力しています。

(G7首脳會合出席に対する思いについて)

 今言ったことと重なってしまうんだと思いますが、G7首脳會談において、日本として、このG7を始めとする國際社會の連帯を改めて示す、発信する、こうした機會にしたいと思います。そのためにも、新たな制裁ですとか、新たな人道支援についても表明していきたい、このように思っています。そして、おっしゃるように、アジアからただ一國參加している、G7に參加している日本としては、アジアの情勢について、各國首脳にしっかりインプットし、そして情報共有する、そのために貢獻することが重要であると思っています。自分自身、今後も対面外交を再開し、そしてアジア中心に様々な國との連攜を確認していきたいと思いますが、その成果もG7でしっかり共有する、これも大事なことではないかと思います。

(ゼレンスキー大統領の演説の中でロシアの制裁の継続、國連改№革等を求めていたが、その受け止めについて)

 もちろん、まずはロシアから前向きな行動を引き出すためにも、今は國際社會が連攜して制裁を行うことは重要であると考えます。そういった思いでG7各國とも連攜していきたいと思います。それから國連の役割ということについても、これも予△算委員會等で申し上げてきましたが、國際社會の平和や安定に大きな責任を持つ國連の常任理事⊙國であるロシアがこうした暴挙に出たわけですので、國連を始め様々な國際的な枠組みの意味や、今後の行動の在り方、こういったものが改めて問われる事態ではないかと考えます。國連改革については、従來から我が國として取り組んできたわけですが、こうした國連の安保理を始めとするこの役割についても、議論していかなければならない。國連改革に日本もこれからこれまで以上にしっかりと取り組んでいかなければならない、このように思っています。

(公明黨の山口代表とのやり取りの內容等について)

 山口代表とは日本経済の今後についてもいろいろと意見交換をしました。もちろんウクライナ情勢もありますし、國會の予算審議の話もありましたし、この幅広い話題で意見交換をさせていただきました。その中で経済の話もあったということであります。まず、政府としては、この日本経済の再生のために、原油高、あるいは原材料高、こうした物価高にしっかり対応していかなければならないと思います。具體的には來週にも指示を出して、取組を、その検討を進めていきたいと思っています。

関連リンク

これまでの総理の演説?記者會見など