日印首脳會談等についての會見

更新日:令和4年3月19日 総理の演説?記者會見など

(日印首脳會談について)

 モディ首相とは、ウクライナ情勢について、1対1の夕食會も含めてかなり長時間、非常に突っ込んだやり取りをしました。私からは、ロシアによる侵略は、アジアを含む國際社會の秩序の根幹を揺るがす暴挙であり、モディ首相に対して自由で開かれた國際秩序を維持するためにも、プーチン大統領に対する働き掛けを含め更なる協力を求めたということでありました。モディ首相とは、まず、力による現狀変更はいかなる地域でも決して許してはならないということ、紛爭の平和⊙的解決を求める必要があること、戦闘の即時停止と事態の打開に向け、連攜して対応していくということ、そして、ウクライナ及び周辺國に連攜して支援をしていくことを確認しました。また、今回の侵略も踏まえ、國連安保理改革をなんとしても前進させなければならない、こうした認識を共有しました。両國が協力してそのためのモメンタムを作り出していく事で一致いたしました。また、インドはロシアと歴史的に緊密な関係を有していますが、今回の會談でウクライナ情勢をめぐり、モディ首相との間で一歩踏み込んだ連攜を確認することができたと感じており、その意味で有意義な會合であったと考えています。

(東京で開催される日米豪印首脳ω會合に向けた協力や連攜について)

 もちろんです。今回のウクライナ侵略のような一方的な現狀変更を、インド太平洋地域で決して許してはならない、こういったことはモディ首相とも確認したわけですが、こうした狀況だからこそ「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けて、具體的な取組を進めていかなければならない、そのために日米豪印4か國が一丸となって、様々な地域の課題に取り組んでいかなければならない、こうしたことを確認しました。地域の課題、新型コロナワクチンであったり、インフラであったり、気候であったり、技術であったり、そうした様々な分野で協力を更に前進させ、地域が直面する戦略的な課題にも4か國で緊密に連攜していく、こうしたことをクアッドの會議に向けて確認をした、こうした事であります。今回、會談の中身ももちろんですが、モディ首相とも個人的な信頼関係、より深められたと感じています。こうしたことも基盤としながら「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けて、クアッドの首脳會談においてもインドと連攜をしていきたいと思っています。

(來週ベルギーで開かれるG7について)

 まず、24日にG7首脳會談が開催されることが予定されています。事情が許せば、私も參加したいと思っています。ロシアによるウクライナ侵略に対するG7の結束を示すことがまず大事であると思います。そうした結束を示す機會とした上で、會議の中においてより突っ込んだ情報交換、意見交換ができればと思っています。いずれにしろまだ24日まで日にちがありますし、ウクライナをめぐる情勢も日々変化していますので、狀況の変化に応じてG7首脳會談において、具體的なしっかりとしたやり取りをしていきたいと思っています。

(中國への対応ついてのモディ首相との関係について)

 世界のどこの地域にあっても、力による一方的な現狀変更は許してはならない、こういった點では一致できたと思います。そしてクアッドの取組を通じて「自由で開かれたインド太平洋」を実現しようという取組を進めていこうとしているわけですから、インドとも、モディ首相ともこうした枠組みの中で、連攜していく、協力していく、こうした議論はできると思っています。今日の會議もそれを感じさせてくれる會議であったと思っています。

関連リンク

これまでの総理の演説?記者會見など