インド及びカンボジア訪問についての會見

更新日:令和4年3月19日 総理の演説?記者會見など

(インド及びカンボジア訪問について)

 総理就╱任後、初めての二國間訪〓問として、インド?カンボジアを訪問いたします。まず、ロシアによるウクライナ侵略は、國際法違反の暴挙であり、力による一方的な現狀変更をインド太平洋では許してはならない。そのためにも、國際社會の結束が重要であると考えます。今回の訪問において、両首相とも膝を突き合わせて意見交換を行い、國際社會の結束をしっかり確認したいと思っています。そして、その中でインド?モディ首相については、今後、數か月以內に東京で開催される日米豪印首脳會談、クアッドの成功と、そして「自由で開かれたインド太平洋」の実現のための連攜を確認したいと思っています。そして、カンボジアのフン?セン首相、今年はASEAN(東南アジア連合諸國)の議長國を務めているわけですが、ミャンマーを始めとする地域情勢について、また二國間協〗力についても、話合いを行いたいと思っていますが、併せて今年は、日本のカンボジアにおけるPKO(國連□平和維持活動)から30年という節目を迎えます。來年は日?カンボジア外交関◥係樹立●∮70年(註)という節目の年を迎えます。こうした節目の年を前にして、ASEAN議長國であるカンボジアと國際場裏における連攜も確認したいと思っています。

(このタイミングでインドに行く狙い及び今回の會談でウクライナ情勢に関してどのような成果を出したいかについて)

 このタイミングということですが、私も総理就任▅後初の二國㊣ 間訪問として、クアッドの主要メンバーでもありアジアの大國でありますインドのモディ首相としっかりと意見交換を行い、「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けて協力を確認したい、こういった思いで日程を組んでいました。そして今、ウクライナにおけるロシアの侵略が行われているこのタイミングに重なりましたので、是非インドとも、こうした事態に當たって國際社會の結束が大事であるということを強調した上で、今後ともインドと日本の様々な課題に連攜して取り組む、こうしたことを確認していきたいと思っています。

 

(註)「日ASEAN70年」と発言しましたが、正しくは「日?カンボジア外交関係樹立70年」です。終わりにおいて訂正を行いました。

関連リンク

これまでの総理の演説?記者會見など