尹次期▆韓國大統領との電話會談等についての會見

令和4年3月11日
 
動畫が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)動畫ファイルはこちら

(尹次期◆韓國大統領との電話會談の內容及び徴用工や慰安婦問題ㄨが話題に上がったのかについて)

 まず、おっしゃるように先ほど尹錫悅(ユン?ソンニョル)次期韓國大統領と電話會談を行いました。私の方から尹次︾期大統領に対して、改めて祝意をお伝えさせていただいた上で、日韓、これはお互い重要な隣國であり、今、國際社會が時代を畫するような大きな変化に直面する中、健全な日韓関係というものは、ルールに基づく國際秩序を守り、そして地域や世界の平和?安定?繁栄を確保する上で不可欠であるということ、さらには日米韓、こうした3か國の連攜が重要であるということ、こういったことを申し上げ、さらには、私から1965年の國交正常化以來、築いてきた日韓の友好協力関█係を基盤としながら、日韓関係を発展させていく必要があり、是非、尹次期大統領のリーダーシップに期待をするということ、そして日韓関係改善のために共に協力をしていきたい、こうしたことを申し上げました。これに対し、尹次期大統領からは日韓関係を重視しており、関係改善に向けて共に協力していきたいという発言があり、また先般のICBM(大陸間弾道ミサイル)級弾道ミサイルの発射を始めとする核?ミサイル問題や拉致問題を含む北朝鮮への対応についても緊密に連攜をしていく、こうしたことで一致をしたということでありました。
 そして禦質問で慰安婦問題等、そういうやり取りがあったのかという禦質問でありますが、外交のやり取りでありますので、私の方から申し上げたことを中心に禦紹介させていただきました。全體のこの會談の內容は、今申し上げたとおりであります。これ以上詳細については、外交上のやり取りですので、申し上げるのは私からは控えます。

(北朝鮮がICBMを発射したことに対し新たな制裁措置を科す考えがあるかについて)

 まず、これは既に防衛省から発表があったと思いますが、最近、北朝鮮が発射した弾道ミサイルについて、米國政府とも緊密に連攜しつつ、分析を進めた結果、新型ICBMであるとの評価に至りました。こうした內容を米國から公表するとの連絡を受けて、昨日、國家安全保障會議を開催し、関係閣僚間で情勢認識の共有と議論を行い、そして私の方から必要な指示を行った次第です。北朝鮮の行動は、地域及び國際社會の平和と安全を脅かすものであり、斷じて容認をすることはできません。関連する安保理決議にも違反するものであり、強く非難をいたします。そして、制裁ということについても禦質問がありましたが、今後の対応については外交面や制裁の観點も含め、米國、韓國とも連攜しつつ、検討していきたいと考えています。こうした狀況を踏まえ、引き続き高度の警戒態勢を維持するとともに、我が國の防衛力、抜本的に強化していかなければならないと思います。その際、國民の命や暮らしを守るために十分な備えができているのか、こういった観點から、あらゆる選択肢を排除せず、現実的に検討していくことが重要であると改めて感じています。

(尹次期韓國大統領と対面で會うというようなやり取りはあったのかについて)

 當然お互いに、できるだけ早く対面でもお會いしたいと、対話を行いたい、こういったことは、発言としてありました。私からもありましたし、先方からもありました。

関連リンク

総理の演説?記者會見など