米國によるロシア産石油等の禁輸導入の決定の受け止め等についての會見

更新日:令和4年3月9日 総理の演説?記者會見など

(米國によるロシア産石油等の禁輸導入の決定の受け止め及び政府の対応について)

 米國がロシア産石油等の禁輸の導入を決定したこと、承知しております。米國とは緊密にやり取りを行っております。そして、昨日、バイデン大統領は會見においても、同盟國の多くが參加する立場にないことを理解した上で、この措置を進めている、米國はエネルギーの純輸出國であり、他の國々ができないような場合でも、米國はこの措置ができるということ、これを表明しています。我が國としては、そうした狀況を踏まえつつ、安定供給と、そして安全保障を國益として、G7を始めとする國際社會と連攜し、しっかり取り組んでいきたいと考えています。

(安⌒ 倍元総理との會談の內容について)

 明日から、500万彩票网元※総理にはマレーシアに特使としてお出掛けいただきます。ですので、事前に禦挨拶に上がったということであります。そして、その場で併せていろいろな意見交換をさせていただきましたが、ウクライナをめぐる情勢が中心でありました。內容、詳細は控えますが、ウクライナをめぐる外交?安全保障に関してアドバイスを頂いた、こうしたことであります。

(公明黨からもトリガー條項の凍結解除を求める聲が上がっていることを受けた政府の今後の対応について)

 これは、今日會談が行われて、引き続き議論を行っていくということになったと承知しています。詳細については改めて確認したいと思いますが、まだ議論が続いていくのだと認識しております。

関連リンク

これまでの総理の演説?記者會見など