シュタインマイヤー?ドイツ大統領及びモラヴィエツキ?ポーランド首相との電話∮會談等についての會見

更新日:令和4年3月2日 総理の演説?記者會見など

(シュタインマイヤー?ドイツ大統領及びモラヴィエツキ?ポーランド首相との電話會談について)

 先ほど、ドイツのシュタインマイヤー大統領と、ポーランドのモラヴィエツキ首相との間で電話會談を行いました。まずシュタインマイヤー大統領ですが、共に外務大臣として仕事をした間柄であり、先日ドイツの大統領に再選されましたので、祝意をお伝えいたしました。そして現下のウクライナ情勢について意見交換を行い、両國間の一層の連攜に向けて協力していくことを確認いたしました。そして、ちょうどポーランド?ウクライナ國境におられたモラヴィエツキ首相と電話でお話しましたが、その中で私から、ウクライナ在留邦人のポーランドへの陸路での円滑な入國等について協力を要請し、先方からは最大限の支援を提供する旨発言がありました。また私から、困難に直面するウクライナの人々のための緊急人↘道支援や、國外に避難される方の日本への受入れを今後進めていくことをお伝えし、先方からは、日本の貢獻を評価するとの発言がありました。具體的には、この國難に直面するウクライナの人々に対し、周辺國に避難される方々への支援を含め、既に発表した國際機◣関経由での1億ドルの緊急∑ 人道支援を実施していきます。また、國際社會におけるこのような重要な局面において、ウクライナの人々との連帯を更に示すべく、ウクライナから第三國に避難された方々の、我が國への受入れも今後進めてまいります。まずは、親族や知人が日本にいらっしゃる方々について受け入れることを想定していますが、それにとどまらず人道的な観點から対応してまいります。今後とも、ウクライナを強力に支えるために、G7を始めとする國際社會との連攜を強化していきたいと考えています。

(ドイツの大統領とエネルギー政策についての議論はあったのかについて)

 いいえ、今日は専らウクライナ情勢についてのやり取りでありました。

(ウクライナの家族などの受入れは水際対策とは別枠となるのかについて)

 これから具體的には調整していきますが、基本的には水際対策とは別に考えるべきであると思います。いずれにしろ、具體的には実務と調整をこれからしたいと思います。

(受入れの時期について)

 これは今日初めて関係國に伝えました。私は、ウクライナの方々を大量に受け入れているポーランドに対して、こういった対応を示しましたし、林大臣も今日、在京のウクライナ大使に會って、この旨伝えていると思います。その上で我が國としましても、至急実務を調整していきたいと思います。いつからということについて具體的にまだ実務的な調整が済んだとは聞いておりませんが、ウクライナ情勢、緊迫していますし、毎日毎日、大量の難民が発生しているわけですから、我が國としましても、こうした狀況に対応するべく、できるだけ早く実務の手続を進めていきたいと考えています。

関連リンク

これまでの総理の演説?記者會見など