パンカム?ラオス首相及びマクロン?フランス大統領との電話會談についての會見

更新日:令和4年3月1日 総理の演説?記者會見など

(パンカム?ラオス首相及びマクロン?フランス大統領との電話會談について)

 まず先ほどラオスのパンカム首相、そしてフランスのマクロン大統領と電話會談を行いました。私の方からは、今回のロシアのウクライナ侵略は明白な國際法違反であり、厳しく非難するということ、また、國際秩序の根幹を守り抜くために國際社會は結束して毅然(きぜん)と行動をしなければならない、こうした旨を伝えました。そして、それぞれの首脳と引き続き緊密に連攜して対応していくということを確認した次第です。ロシアによる侵略は、歐州のみならずアジアを含む國際社會の根幹を揺るがすものであり、厳しく非難いたします。今後も私自身、首脳外交を展開し、G7、またアジア諸國を含む國際社會と緊密に連攜して取り組んでいきたいと考えています。力による現狀変更を許してはならないということは歐州のみならず、アジアを含む國際Ψ社會全體↘として、真剣に受け止めなければいけない重要な課題であると認識いたします。

関連リンク

これまでの総理の演説?記者會見など