ウクライナ情勢に関する首脳※電話會議についての會見

更新日:令和4年3月1日 総理の演説?記者會見など

(ウクライナ情勢に関する首∮脳電話會談について)

 本日未明、バイデン大統領が主催する米國の同盟國、そしてパートナーが參加する首脳電︼話會談に參加しました。私の方からは、ロシアのウクライナ侵略は、國際秩序の根幹を揺るがすものであるということ、また、國際社會が結束して毅然と対応することが重要であることなどを訴えました。また、唯一の戦爭』被爆國、取り分け被爆地広島出身の総理大臣として、核による威嚇も使用もあってはならない、こうした點を強調いたしました。各國首脳からは、ロシアによるウクライナ侵略は、國際法の深刻な違反であり、ロシアを厳しく非難すること、そして國際社會が一致して、強力な制裁措置を採っていく必要があること、また引き続きウクライナ政府に対する支援、そして避難民支援においても協力していく、こうしたことにおいて一致いたしました。今後も、我が國としましてはG7、また國際社會と連攜を取りながら、引き続き適切に対応していきたいと考えています。

関連リンク

これまでの総理の演説?記者會見など