ウクライナ情勢に関して開催された國家安全保ζ 障會議の內容等についての會見

更新日:令和4年2月24日 総理の演説?記者會見など

(國家安≡全保障會議(NSC)で話し合われた內容及び今後の日本政府の対応について)

 まず先ほどNSC四大臣會◆合を開催し、ウクライナ情勢について関係省庁から詳細な説明を受けました。狀態は緊迫しており、私から関係省庁に対し、可能な限り、ウクライナ在住の邦人の安全確保に努めるよう指示をするとともに、引き続き、政府部內において、より詳細な情報の収集及び情勢の把握に努めるよう指示いたしました。
 今回のロシアによる侵攻は、力による一方的な現狀変更を認めないとの國際秩序の根幹を揺るがすものであり、ロシアを強く非難するとともに、米國を始めとする國際社會と連攜して、迅速に対処してまいります。

(制裁についての話合いがあったかについて)

 今後については國際社會と連攜して対応するということを確認いたしました。関係各國の狀況、そして意思疎通、連絡をしっかり図った上で、今後の対応については具體的に考えていきたいと思っています。今回は情報把握、そして邦人の保護、これに特に強く指示を出したところであります。

関連リンク

これまでの総理の演説?記者會見など