拉致被害者禦家族等との面會

更新日:令和4年3月16日 総理の一日

 令和4年3月16日、岸田総理は、総理卐大臣官邸で拉致被害者禦家族等と面會しました。

 総理は、挨拶で次のように述べました。

「ただ今、家族會?救う會の皆様方から、運動方針を受け取らせていただきました。
 本日は、飯塚繁雄(しげお)さんから代表を引き継がれた橫田拓也(たくや)さんから運動方針を受け取らせていただきましたが、こうして家族會の代表が、再び引き継がれなければならなくなってしまったことについて大変申し訳なく思うところでございます。
 ただ今頂きました運動方針のスローガンには、『決して諦めない』という文言が付け加えられたと承知しております。先日の飯塚繁雄さんのお別れの會でも申し上げたところでありますが、飯塚繁雄さんの『諦めない』、『諦められない』という言葉に込められた思いを胸に刻みながら、私自身、何としても拉致問題を解決したい、こうした強い思いを持って努力を続けていきたいと存じます。
 また、一昨日は、皆様方がエマニュエル駐日米國大≡使とお會いいただいたと聞いております。その際に、エマニュエル大使は、ブルーリボンバッジを胸に著け、そして、『それぞれの方が拉致された背景、あるいは狀況は異なりますが、心が痛む』、こうした発言をされた。さらには、『米國は、拉致被害者全員が家族と再會するまで努力を続ける』、こうした旨の発言があったと報告を受けております。
 私も、バイデン大統領と、先日、テレビ會談をさせていただきました際に、大統領から、拉致問題の早期解決に向けた力強い支持を得ており、引き続き米國を始め、國際社會と緊密に連攜しながら取組を続けていきたいと考えております。
 拉致問題を解決するまで、私自身、條件を付けずに、金正恩(キム?ジョンウン)委員長と向き合う決意であります。
 全ての拉致被害者の方々の1日も早い帰國実現に向けて、あらゆるチャンスを逃すことなく、全力で行動してまいります。
 本日は、運動方針に込められました皆様方の思いを、改めて受け止めさせていただきたいと存じます。よろしくお願い申し上げます。」

関連リンク

これまでの総理の一日