飯塚繁雄さんお別れ會

令和4年3月12日
挨拶を行う岸田総理1 挨拶を行う岸田総理1
挨拶を行う岸田総理1
獻花する岸田総理1 獻花する岸田総理1
獻花する岸田総理1
獻花する岸田総理2 獻花する岸田総理2
獻花する岸田総理2
挨拶を行う岸田総理2 挨拶を行う岸田総理2
挨拶を行う岸田総理2
挨拶を行う岸田総理3 挨拶を行う岸田総理3
挨拶を行う岸田総理3

 令和4年3月12日、岸田総理は、都內で飯塚繁雄(しげお)さんお別れ會に參列しました。

 総理は、獻花を行った後、挨拶で次のように述べました

「飯塚繁雄さんお別れ會に際して、一言禦︻挨拶を申し上げます。まず、改めて飯塚繁雄さんに心より哀悼の意を表しますとともに、禦遺族の皆様にお悔やみを申し上げます。繁雄さんが禦存命の間に、田口八重子さんとの再會を果たすことができなかったことは、正に痛恨の極みであり政府として、また一政治家として誠に申し訳なく思っております。八重子さんが北朝鮮に拉致されてから40年以上が経過いたしました。繁雄さんは長年にわたり八重子さんの救出を訴えてこられ、特に橫田滋さんから家族會の代表を引き継がれてからは14年もの長きにわたって拉致被害者禦家族の先頭に立ち、拉致問題の解決のため正に最期まで禦盡力されてきました。その活動は國內にとどまらず、國際社會に対しても拉致問題の実態と早期解決を訴えてこられました。これらの活動は多くの人の心を動かし、政府に屆けられた拉致問題解決を願う署名の數は1,500萬筆を超え、また拉致問題の即時解決を求める國際社會の聲の高まりを生み出しました。このように大きく広がった國民の皆様の聲、國際社會の聲は必ずや北朝鮮を動かすことにつながると考えます。昨年11月に開催された國民大集會でお目にかかったのが繁雄さんとお會いする最後の機會となってしまいました。先ほど、我々は映像を通してその際の繁雄さんの聲を聞かせていただきましたが、絶対に諦められない、こうおっしゃっていたことが強く印象に殘っています。繁雄さんの禦遺誌を心に刻み、私の手で何としても拉致問題を解決したいと考えております。拉致問題は岸田內閣の最重要課題です。総理大臣として自ら先頭に立ち、全ての拉致被害者の一日も早い帰國を実現すべくあらゆるチャンスを逃すことなく全力で取り組みます。繁雄さんの禦霊(みたま)を前に改めてこの強い決意を申し上げ、私の禦挨拶とさせていただきます。」

関連動畫

 
動畫が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)動畫ファイルはこちら

関連リンク

総理の一日